男性アイドル

SixTONESがテレビで冠番組を持てない原因と理由。

SixTONESは、2015年に結成されたジャニーズグループで、2020年1月22日に異例のSnowManとの同時デビューを果たしました。

同時期にデビューしたSnowManは、2020年3月から放送されている『それSnowManにやらせて下さい』に出演しており、冠番組を持っているんですよね。

となるとSnowManは、2020年1月にデビューしてすぐに冠番組を獲得したんですね。

これは異例のスピードだと思います。

念願の冠番組を獲得し、SnowManは大喜びしていましたが、同時期にデビューしたにも関わらず、SixTONESは冠番組が決まっていないので、ファンの人は不安に思った人も多かったことでしょう。

わたしもファンの1人として、「SnowManは冠番組決まったのに、SixTONESはなんでなかなか決まらないんだろう」と心配しています。

SixTONESが冠番組をもてない原因を調べてみました。

SixTONESがTVで冠番組が持てない原因

SnowManはテレビだけでなく、冠ラジオ『Snow Manの素のまんま』も持っているだけに、ネット上ではSnowManは滝沢秀明副社長のゴリ押しグループだとも言われています。

実はわたしもSnowManが滝沢秀明副社長に気に入られているからだと思っていました。

SnowManは、ジャニーズJr.時代に滝沢秀明副社長の舞台『滝沢歌舞伎』に出演していたこともあり、一緒に過ごす時間も多くお気に入りなのは確かなんですよね。
SnowManというグループ名も滝沢秀明副社長がつけたしね。

なので、滝沢秀明副社長の贔屓も多少はあるのかなと思ってしまいます。

他に考えられる原因は、デビュー前のスキャンダルです。
SnowManもリーダーの岩本くんが未成年と飲酒していたというスキャンダルが発覚しましたよね。

しかし、SixTONESもスキャンダルがいくつか発覚しているんです。
これまでに報じられたSixTONESのスキャンダルをご紹介します。

2017年に、京本大我さんがおさわり禁止の派遣型性感マッサージ店の女性を、無理やり押し倒して本番行為を強要したというスキャンダルが報じられています。

田中樹さんは、爆モテで有名で、デビュー前には数え切れないほどたくさんの女性との関係が報じられています。

デビュー後、女性関係を全て断ったことから、ファンの中では好感度が増した一件でしたが、他からすると、たくさんの女と遊んでた子という印象があるのかもしれません。

ジェシーさん、松村北斗さんもお付き合いしていたという噂が浮上していました。

お付き合いくらいならよくあることかなと思いますけど、京本大我さんと田中樹さんのスキャンダルは、新規ファンからするとショックな内容ですね。

残念ながらこれらのスキャンダルが発覚し、SixTONESはスキャンダルが原因で干されているという噂もあります。

個人的にはスキャンダルで干され説ではないと思うんですよね。
Jr時代のもうメンバーですらどうしようもできない過去のことを引きずって干すとかなくない?そりゃ大人げないしそんならデビューすらさせないと思うんですよね。

ジャニーズの冠番組はデビューして何年目で持てるの?

そこで、ジャニーズグループが、デビューしてから何年で初の単独冠番組を持ったのかを調べてみました。

嵐の冠番組

嵐は、2001年10月4日から2002年6月24日まで放送された『真夜中の嵐』で、冠番組デビューしています。

嵐は、1999年にデビューしているため、デビューしてから2年で冠番組を持ったんですね。

関ジャニ∞の冠番組

関ジャニ∞は、全国ネットの初の冠番組は、2010年に放送された『冒険JAPAN! 関ジャニ∞MAP』です。

関ジャニは、2002年に結成され、2004年にデビューしましたが、デビュー当初は、主に関西で活動していました。

そのため、全国ネット初の冠番組は、デビューしてから6年後なんです。

Kis-My-Ft2の冠番組

Kis-My-Ft2は、2013年から放送された『キスマイBUSAIKU!?』で初の冠番組デビューを果たしています。

キスマイは、2005年に結成され、2011年にデビューしているので、3年目にして冠番組を手に入れました。

Hey!Say!JUMPの冠番組

Hey!Say!JUMPの2015年に放送された全国ネット初の冠番組は、「いただきSUPERハイジャンプ」です。

JUMPは、2007年にデビューしているので、8年目で冠番組を持ったんですね。

KAT-TUNの冠番組

KAT-TUNの初の冠番組は、2005年に放送された『KAT-TUN3』(カトゥーン カトゥーン カトゥーン)です。

KAT-TUNは、2001年に結成され、2006年にデビューしたので、デビューより先に冠番組を持っていたんですね。
でも1クールどころか2回だけの特別番組だったので冠番組としていいのかは疑問ですね。

長期間続いたものと考えると、2007年から始まった「カートゥンKAT-TUN」なのでデビュー2年目できちんとした冠番組をもたせてもらえたことになりますね。

King & Princeの冠番組

キンプリは、デビューして2015年に結成され2018年にデビューし、絶大な人気を放っていますが、デビューして3年経つ今でも冠番組を持っていません。

そのため、SixTONESのファンだけでなく、キンプリのファンもSnowManの冠番組獲得には、動揺した人が多かったそうです。

これを見ると、やはりSnowManがデビューして1ヶ月で冠番組をもったのは、異例の速さだったとわかりますね。

同時デビューしたSnowManとの違い

2020年1月22日に、SixTONESと同時デビューした SnowManですが、違いを考えてみました。

同時デビューと言うかもう「vs売り」でしたもんね。ファンは複雑でしたよね。

SnowManメインのCD、SixTONESがメインのCDを発売していますが、SixTONESメインの方が3万枚ほど多く売れており、デビュー時では、SixTONESが圧倒的に人気でした。

しかし今では、YouTubeの再生回数を見比べても、SnowManの方が圧倒的に多いんです。YouTubeの再生回数やFC会員数を比べると、今では新規ファンが一気に増えたSnowManの方が人気なのかなという感じがしますね。

それには、SnowManは冠番組だけでなく、出演した番組などメディアに出る回数も、昨年2020年はSixTONESに比べ圧倒的に多かったことが大きな原因なのかなと思います。

これはSixTONESだってたくさんメディアに推してくれれば増えそうですけどね!

あとSnowManはみんなキャラが立ってるな、個人でバラエティに出て爪痕残してるなって印象があるんですよね。

阿部くんはクイズ番組で毎週見るし、翔太くんは美容キャラでMattと語るし、目黒くん&ラウールはモデルだったり俳優だったりで目に付きます。
アニメオタクで声優やってる佐久間くんやバラエティでめっちゃ面白い康二くんとか層が厚いですよね。筋肉枠とかもはやジャニーズ初なんじゃない?

いろんな層から個別に認知されている=グループになっても強い、っていうのはあると思います。

「○○企画だったらジャニーズで呼ぶならSixTONESの○○だよな!」と定着するような強みが欲しいですよね!!

きょもちゃん、将棋を本気で極める気はありませんか??(激甘)

SixTONESがこれから冠番組をもつには

SixTONESのトーク力を伸ばすべき

ファンからすると6人のわちゃわちゃした空気感は大好物なんですが、実は私の妹にYouTubeを見せると「なんか初めてみたから話がわかんないし入り込めない」と言っていました。

そっかぁ、SixTONESのトークは内輪なんだ…
だからこそメンバーの関係性や性格を知っているファンからするとめっちゃ楽しい♡

でもその前提がない他Gのファンやお茶の間で彼らを知った非ジャニオタの方にはなかなかわからないトークをしてるんだと思い知らされました。

トーク力といえばきょもはこの1年で本当に成長したと思うんですよね。
「あ!」とかしか言わなかったのに今はちゃんとカメラの前で話せるもん!(激甘)

誰が聞いてもスッと入り込めるような外向けのトークが出来るようになると強いですよね!
でもそれって私達が好きな素のSixTONESじゃなくなる気もして心配でもある…

SixTONESは個々の個性や強みを伸ばすべき

個人的にはココが一番大事だと思っています!

上の章でも書きましたが○○と言ったらSixTONESの△△!という強みをつくること!

ほっくんの俳優枠も強いですよね、あれだけ番宣すると知名度右肩上がりでしょうし。
ジェシーもしんちゃんも今はバーターとしてバラエティに出てるけど、後々単品で呼んでもらえるように爪痕を残さなきゃですからね。

でも何枠が残ってるんだろう…頭脳枠は今からじゃ厳しいし何か強烈に好きな趣味とかがあれば面白いんですけどねぇ。

スキャンダルに引き続き気をつける

スキャンダルは、SixTONESのファン以外の人も目にするため、スキャンダルが報じられて、内容がひどいとファンでなくても「え、そんなことしたの?」と印象に残りますよね。

そうして、印象が悪くなっていくわけなので、引き続き気を引き締めてスキャンダルになるようなことをしないのが一番だと思います。

スポンサーはお茶の間の評判を気にしますのでイメージとしてはやんちゃでも中身は品行方正で好かれる要素をだしていくのもいいですね。

メンバーたちはデビュー後心を入れ替えているので、その気持ちがファンだけでなく、いろんな人に伝わればいいなと思います。

SixTONESは、個々ではバラエティー番組でたくさん活動しており、田中樹さんに関しては、グループがもし解散したらバラエティー番組のMCをしたいとも話しています。
いやいや解散せずにグループ冠番組のMC回して!

バラエティー番組で活躍できる素質は十分にあるので、頑張って欲しいです。

おわりに

SnowManがデビュー後すぐに冠番組を持ったことに対し、SixTONESは、未だ冠番組を持ってないので、不安に思う人も多かったと思います。

しかし調べてみたところ、デビュー後1ヶ月で冠番組を持つのは極めて異例だということがわかりました。

だからぶっちゃけそんなに気にしなくていい!!
負けてるわけでもないし、干されてるわけでもない。

でもイチSixTONESのファンとしては、ライバルとして売り出されたSnowManに負けてほしくないので、これから冠番組を獲得できるよう頑張って欲しいと思います!!